初期臨床研修医

臨床研修医INDEXへ戻る

採用説明会・病院見学について

臨床研修医

手厚い指導体制と先輩研修医の成長ぶりが決め手でした。

ーいろいろな病院がある中で、なぜ済生会熊本病院を選択したのでしょうか?

何度か実習や見学の機会があったのですが、その際に指導医や研修医の先生方の丁寧な指導を受け、研修に手厚い病院だと感じました。済生会熊本病院を希望した決め手となったのは、冬頃に実習で研修医一年目の先生についたときのことです。その先生が患者さんの診察や検査、疾患の鑑別をスムーズに進めているのを見て、一年たたずにこのようになれるのだと衝撃をうけました。自分もそうなりたいと思い、済生会熊本病院を志望しました。

 

忙しい中にもメリハリがあり、話しやすく活気のある職場です

-研修先を選ぶ際に、他にポイントになったことはありますか?。

同期もみんな言うのですが、病院の雰囲気がいいことです。スタッフ同士の仲がよく、明るく仕事をしています。多職種と話しやすい雰囲気があるので、1年目でわからないことだらけでも気軽に質問できて助けてもらう場面が多々あります。

ー実際に研修をはじめてみて、指導体制などはいかがですか?

指導医や上級医との距離が近く、相談がしやすい環境です。研修医からでも意見が言いやすく、それについて先生からのフィードバックもたくさんいただきます。研修医には積極的にいろいろなことをさせる雰囲気があるので、手技に関しても多く経験できます。

ー入職前に想像していた研修とのギャップはありませんでしたか?

救急病院なので仕事で毎日忙殺されるものと思っていましたが、実際は休みもきちんと確保することができメリハリのある生活を送ることができます。

将来どのような医師になりたいのか、どのような働き方をしたいのかをしっかりと考えた病院選びを!

ーこれからマッチングに挑戦するみなさんへメッセージをお願いします

研修医の2年間がこれからの医師としての考え方の基礎になる時期だと言われます。済生会熊本病院は習得できる手技はもちろんですが、診断や治療の進め方についても学ぶことができる病院です。興味のある診療科があれば是非見学に来てみてください。

 

臨床研修医

決め手となったのは、実際に病院見学で出会った研修医の先生の姿でした。

ーいろいろな病院がある中で、なぜ済生会熊本病院を選択したのでしょうか?

私は当時、将来は腫瘍内科に進みたいと考えていたので、地域がん診療連携拠点病院であるこの病院に興味を持ちました。また将来は慢性疾患を見たいと考えていましたので、逆に初期研修の2年間ではたくさんの救急症例に触れたいとも考えていました。 しかし何より決め手となったのは、実際に病院見学で出会った研修医の先生の姿でした。上級医の先生と治療方針を決める際にしっかりと意見する研修医の先生を見て、自分もこうなりたいと感じました。

 

先生方にも時々驚かれるほどの垣根を越えた仲の良さ、そして美味しいご飯。

-研修先を選ぶ際に、他にポイントになったことはありますか?。

研修医は1・2年目合わせて毎年20名程度ですが、学年や大学、そして男女の垣根を越えてみんな仲良く、先生方にも時々驚かれるほどです(笑)。 また当院では食堂・お弁当屋さん・パン屋さん・コンビニが競合しており、リーズナブルで美味しいご飯がQOLをぐっと上げてくれています!

ー実際に研修をはじめてみて、指導体制などはいかがですか?

診療科によって体制は異なりますが、各病棟で研修医は担当医として、指導医の先生と一緒に日々の診療に携わっていきます。一度に受け持つ患者さんの数はだいたい5人前後で、一つ一つの症例をじっくり学ぶにも、広く症例を経験するにもほどよい人数ではないでしょうか。

また準夜帯(17時~21時)の救急当番では、基本的に指導医の先生1人と研修医2人でwalk inから救急車まで初期対応を担当し、必要があれば各科の先生にコンサルトをする形となります。指導医の先生から学ぶことはもちろん、実際に手技や診察、コンサルト等を自分で経験して学ぶことは本当に多いです。

ー入職前に想像していた研修とのギャップはありませんでしたか?

当院は総合病院ではなく産婦人科や小児科、精神科等がありません。入職前はこの点が少し心配でしたが、2年次に関連病院で当院にはない診療科も研修を受けることができます。実際に、当院にはない診療科に進まれた先輩もおり、私もその一人になろうとしています(笑)。当院の研修カリキュラムでは関連病院をまわる機会が多く、不慣れな環境で大変な思いをすることも多いですが、確実に視野は広がると思いますし、実際に経験してみて、私はこのような機会があって良かったと思っています。

将来どのような医師になりたいのか、どのような働き方をしたいのかをしっかりと考えた病院選びを!

ーこれからマッチングに挑戦するみなさんへメッセージをお願いします

「結局はどこで研修するかではなく自分次第」とはよく言われたもので、2年間の初期研修を折り返した今、私自身この意味を痛感しています。

しかし、とても刺激的で多感な2年間です。目標にしたいと思える先輩や先生方、コメディカルや事務の方々、そして一番密に苦楽を共にする同期たち。温かい環境がここにはあると思います。研修先で迷っている方、ぜひ一度見学に来てみて下さい。

若手医師へのメッセージ

  • 救急医 菊池 忠
  • 集中治療医 佐々 利明
  • 麻酔科医 村上 幸太郎

研修体制の特長

[Emergency] 救急総合診療センターで救急対応能力の研鑽に励む!

迅速に患者さんの治療に対応ができるよう、24時間体制の医療チームを配置。研修医、後期研修医、スタッフからなる屋根瓦式のチーム医療による救急診療と臨床研修の両立を図っています。
そのため、夜間でも画像診断や各種の治療に欠かせない適切な検査が施行できる体制です。また、救命救急センターとして42床、集中治療室(ICU)を18床、ハイケア・ユニット(HCU)を12床備えており、重症度の高い患者さんに対して密度の高い医療を提供できる体制及び専門各科の後方支援体制を整えています。当院に救急車で運ばれERから入院になる割合は全国でもトップレベルであるため、多くの症例を指導医のもとで経験する環境が整っています。

[Training] シミュレーショントレーニングで基本的臨床能力を学ぶ!

基本的手技習得のためのクリニカルシミュレーションルームがあり、気道管理、BLS/ACLSのためのシミュレータやトレーナーを備えています。
このため、BLS/ACLS、ICLSコースは院内で受講でき、研修医オリエンテーションでは、1.静脈採血 2.動脈採血 3.肺の聴診 4.縫合などのステーションを設け、OSCE形式によるスキルトレーニングを施行しています。
随時、「緊急時の気道確保トレーニング」「シミュレータを用いたエコーガイド下CVC穿刺挿入」や「人工呼吸器のトレーニング」も院内で開催しています。

[Experience] 多くの症例を経験することで、問題解決能力を伸ばします!

2010年から発足した救急総合診療センターでは、1.救急医療と総合診療の合併、2.チーム医療体制により、屋根瓦方式の診療体制のさらなる充実を図っています。
多くの症例を経験することで問題解決能力を磨くために、診療チームに研修医が参加し、スタッフや指導医のもとで研鑽を積む臨床研修システムが整っています。

[Carrier Support] 屋根瓦方式の指導の中で、キャリアプランをサポートします。

研修医のために、スタッフや指導医とともに問題解決方式で臨床推論を進める屋根瓦式症例カンファレンスが毎月開催されます。このカンファレンスにより、経験した症例の振り返りやclinical pointを学び、病歴要約作成や学会発表、症例報告へのさらなる進展を図り、内科学会認定医や各種学会認定医の資格取得に必要な症例の経験、病歴要約作成の指導及び学会発表や症例報告をサポートします。
キャリアカウンセリングにより、後期研修への道すなわち専門研修または後期でもローテーションが出来るように支援・指導します。

[Expert] 専門医への扉を開く!

2年間で、各診療科や幅広い疾患をローテート方式で研修してみて、内科系・外科系のいずれかを選択した方、あるいはその中で専門科まですでに決定し、専門研修を目指している方もいるでしょう。
また一方では、まだ詳細には決めかねてもう少し総合診療やローテーションを継続したい方もいるかもしれません。
済生会熊本病院では、これまでの臓器別センターでの専門各科の研修の充実に加えて、2010年より救急総合診療センターが発足したため、後期研修医のみなさんの希望の割合に応じて総合診療を維持していくことも可能となりました。また、外科系、内科系共に、複数科をローテーションしている後期研修医もすでに数名います。
当院では、後期研修医の希望に応じた研修プランを作成し、フェローシップに相当する臨床研究や学会発表の研鑽を積むことが出来ます。また、キャリア形成と共に学会認定医・専門医・指導医の認定証取得を目指している方には、指導とサポートを実施しています。

募集要項

初期臨床研修医募集

募集要項

応募資格

① 医師臨床研修マッチングプログラム参加者
② 第113回医師国家試験(2019年2月実施)を受験予定の方、又は、医師免許取得者で卒後臨床研修を未実施の方

募集コース 済生会熊本病院群臨床研修プログラムAコ-ス
済生会熊本病院群臨床研修プログラムBコ-ス
募集人員 Aコース:10名 ※予定
Bコース:3名 ※予定
研修期間 2年
採用日 2019年4月1日
選考方法 書類審査、面接試験、マッチング方式により決定
応募書類 (※応募書類は、内容が確定次第アップさせていただきます)
  1. 願書
  2. 履歴書
  3. 自己紹介書
  4. 小論文 ※ワープロ不可
  5. 成績証明書
  6. 卒業(見込み)証明書

※1、2、3、4は当院規定様式

応募及び書類提出期限 2018年8月上旬 ※予定
応募方法 当院規定の書式がありますので、募集要項・願書を請求されるか、このサイトよりダウンロードしてください。
様式は内容が確定次第アップさせていただきます。
上記応募書類を期限までに提出してください。
※封筒表面に「研修医応募書類在中」と朱書してください。
選考日・場所 2018年8月18日(土) ※予定
※時間は応募者へ直接ご連絡いたします。
※上記日程で都合が悪い場合はご連絡ください。
場所:済生会熊本病院 
試験内容 面接試験
問い合わせ先

済生会熊本病院 人事室
TEL:096-351-8074(人事室直通)
mail:saiyou@saiseikaikumamoto.jp

担当:尾ノ上
研修教育担当者 放射線科部長 兼 教育・研究部 医師研修室長 荒川 昭彦
身分 研修医(常勤職員)
給与

①1年目
 モデル年収:約4,370,000円
 当直研修手当:約350,000円
 その他手当:約120,000円
②2年目
 モデル年収:約4,600,000円
 当直研修手当:約470,000円
 その他手当:約100,000円

手当関係 当直研修手当、呼出研修手当、通勤手当(対象者のみ)、住居手当(対象者のみ)、扶養手当
休暇・休日 休 日:週休2日制、祝祭日、年末年始 (12/29~1/3)
有給休暇:1年目 10日(3ヶ月勤務経過後)、2年目 11日
休暇制度:慶弔休暇、看護休暇、介護休暇、連続休暇制度、誕生日休暇制度など
保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、勤務医師責任賠償保険加入
宿舎の有無 有り (単身用・世帯用、駐車場付、病院から車で5分以内) 詳しくはこちら
健康管理 職員健康診断(年2回)、各種予防接種(インフルエンザ、B型肝炎ワクチン、小児ワクチン)、職員健康管理室があり、健康に関する相談・支援を実施しています。 詳しくはこちら
福利厚生

・済生会グループ保険、職員家族健康診断、職員食堂、レストラン、各種リゾートクラブ契約、メディカルフィットネスセンター詳しくはこちら
・自己啓発支援(通信教育、英会話教室) 詳しくはこちら
・学会・セミナー等の出張費は取扱い規定により支給あり。
・保育園を院内に完備。病児保育もあり子育て中でも働きやすい環境です。詳しくはこちら

Q&A

初期臨床研修についての質問

指導医はどのくらいいるのですか。
指導医の資格を持った医師が、全体で80人以上います。

各科の内訳はこちらからご覧ください。
指導医数一覧
どのような指導体制になっていますか。
指導医がマンツーマンでの指導を行います。各科には、研修医に年齢も近い後期研修医も多数おり、上級医として研修医をサポートしてくれています。
指導医からのメッセージ
研修医は当直にどのくらい入るのですか。
平均して、月に4回くらいです。17:00~21:00の全体当直と21:00~翌9:00の各科当直に入る場合があります。いずれの場合も、指導医と一緒に担当します。
臨床研修修了後の進路はどうなっていますか。
当院で引き続き、専門医資格の取得もしくは後期研修を行うことも可能です。

当院の専攻医についてはこちらからご覧ください。
専攻医のご紹介

職員寮はありますか?
病院から15分程度に位置するマンション式の職員寮(単身寮、世帯寮)があります。また、院内に個室の仮眠室も設置しており仮眠がとれます。