初期臨床研修医

臨床研修医INDEXへ戻る

研修プログラム

初期臨床研修医

研修プログラムの特徴


  1. 臨床医として基礎的な考え方、技術を習得し、プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身につけるために必要な項目を網羅するプログラムです。
  2. 臨床研修にとって救急医療と外科系医療は不可欠なものとの考えから、救急と外科系を必須科目としたプログラムです。
  3. 協力病院及び協力施設と臨床研修病院群を形成し、地域医療や当院には設置されていない診療科も含めて研修することが可能なプログラムです。

専門性に基づく高度な医療と多くの救急医療が学べる当院の特徴を生かし、また厚生労働省の定めた到達目標達成を優先にした研修プログラムを2コ-スを用意しました。

研修プログラム


Aコ-ス | Bコ-ス  1年目 共通

基本研修として院内で内科系6ヶ月、救急2ヶ月、外科系3ヶ月を含めたローテーションを実施します。 。

1年目(例)

  • 内科6ヶ月は、内科系診療科より3診療科を選択し、各々2ヶ月間をローテートします。
  • 必修科目の救急3ヶ月間研修は、1年目に2ヶ月間研修し、経験を積んだ2年目に1ヶ月研修します。
  • 到達目標達成のために、外科系診療科を研修します。
  • 済生会初期研修医のための合同セミナーに参加します。
  • 一次・二次救命処置(ICLS:Immediate Cardiac Life Support)のトレーニングコースを受講します。

Aコ-ス  2年目

急性期病院の特徴である救急医療と集中治療の症例を経験するため、当院の診療科を中心に研修を行います。

2年目Aコース(例)

  • 必修科目の救急研修(合計3ヶ月)の残り1ヶ月間の研修を行います。
  • 地域医療、小児科、産婦人科、精神科研修は、1ヶ月間ずつ協力病院で行います。
  • 選択科目研修は、到達目標を達成するために複数科を選択し、原則1診療科で1ヶ月以上3ヶ月以内を研修します。研修希望科を調査し、各診療科の指導体制や到達目標を考慮しながら研修先を調整します。

Bコ-ス  2年目

地域医療を重点的に研修します。協力病院で地域医療を少なくとも3ヶ月間研修し、さらに希望があれば期間を延長したり、別病院で地域医療研修を実施することができます。

2年目Bコース(例)

  • 必修科目の救急研修(合計3ヶ月)の残り1ヶ月間の研修を行います。
  • 小児科、産婦人科、精神科、地域医療研修は、協力型病院や施設で行います
  • 選択科研修は、院内各診療科と対象となる協力病院から選択することができます。到達目標を達成するために複数科を選択し、原則1診療科で1ヶ月以上3ヶ月以内を研修します。研修希望病院、診療科を調査し、各病院・診療科の指導体制や到達目標を考慮しながら研修先を調整します。
  • 院外研修期間中も定期的に当院でフォロ-研修を行います。

研修協力病院・施設

Aコース 小児科 熊本中央病院
産婦人科 済生会川内病院
精神科 益城病院城山病院くまもと青明病院弓削病院
地域医療 済生会みすみ病院阿蘇立野病院
胃腸科・内科こうせいクリニック、後藤内科クリニック
そのだ脳神経外科医院、土井医院、なかの耳鼻咽喉科アレルギ-科クリニック
松野皮ふ科・形成外科ヤマサキ胃腸科クリニック
五木村診療所、教良木診療所
地域保健 熊本市保健所、宇城保健所
ぼたん園田迎ケアセンター
Bコース 小児科 天草地域医療センタ-熊本労災病院公立多良木病院人吉医療センタ-
産婦人科 天草中央総合病院上天草総合病院熊本労災病院人吉医療センタ-
精神科 くまもと青明病院城山病院益城病院弓削病院
地域医療 天草地域医療センタ-天草中央総合病院上天草総合病院熊本総合病院熊本労災病院公立多良木病院人吉医療センタ-
選択科

天草地域医療センタ-天草中央総合病院上天草総合病院熊本総合病院熊本労災病院公立多良木病院人吉医療センタ-

各科の指導医数

指導医養成講習会を受講している指導医数は以下の通りです。(2016年6月1日現在 全体で80名)
※指導医養成講習会とは、臨床研修が7年以上の医師が受講できる講習会です。指導医はこの講習会を終了していることが求められます。

センター名 人数 センター名 人数
呼吸器センター 5名 腎・泌尿器センター 6名
腫瘍・糖尿病センター 4名 救急総合診療センター 9名
脳卒中センター 7名 集中治療室 4名
心臓血管センター 12名 中央手術部(麻酔科) 6名
消化器病センター 9名 中央放射線部(放射線科) 3名
外科センター 7名 中央検査部(病理診断科) 1名
四肢外傷センター 3名 その他の部門 4名
合 計 80名