診療放射線技師

コメディカル採用INDEXへ戻る

診療放射線技師

ー職場の雰囲気はどうですか?

スタッフ間の仲が非常に良く、とても明るい職場です。プライベートでも職場の人たちと出かけたり飲みに行ったりします。そのため仕事中においてコミュニケーションを取りやすく、非常に良い環境だと思います。また、学会発表や資格取得などに取り組みやすい環境でもあり、多くのことにチャレンジできます。

ー仕事のやりがい、喜びは何ですか?

今までできなかったこと、わからなかったことが自分の知識として身につき、臨床の現場で活かすことができた時にとてもやりがいを感じます。また、検査が終了した後に患者さんから「ありがとう」と言って頂く度に、この仕事をやっていて良かったな、と強く思います。

ー当院に就職したきっかけを教えてください。

就職活動時、済生会熊本病院に見学に行った際に最新設備や新人スタッフへの研修制度などがとても充実していると感じました。ここで放射線技師として大きく成長し、患者さんに高度な医療を提供できるようになりたいと思い、志望を決意しました。

ー就職希望者へのメッセージをお願いします。

とても楽しく、そしてやりがいのある職場です。最初は不安なことが多いとは思いますが、スタッフ全員でサポートします。わからないことは何でも聞いてください。ぜひ私たちと一緒に働きましょう!

一日の業務スケジュール

診療放射線技師

ー職場の雰囲気はどうですか?

各分野において高い専門性が求められるため、技師各々が担当モダリティを持ち共通業務と併せてより深く学びます。教育体制も整っていて、疑問点や困ったことがあれば何でも相談できる雰囲気です。 年齢・性別関係なくみんな仲が良く、同世代や女性スタッフも多いのでとても過ごしやすい環境だと思います。

ー仕事のやりがい、喜びは何ですか?

放射線治療部門は最先端の装置や照射法を取り入れており、先進医療に携われることに大きなやりがいを感じます。また、女性視点での配慮を大切にして提案・実践することも自分の重要な役割だと認識しています。 患者さん一人ひとりと関わる時間を長く持つことが出来るので、何でも話してもらえる関係性を築けたり名前を覚えて頂けたりするととても嬉しいです。

ー当院に就職したきっかけを教えてください。

学生時代の臨床実習で当院を訪れた際、様々な医療機器とそれらを使いこなすスタッフのスキルの高さがとても印象的でした。「私もこうなりたい」と憧れたと同時に、ここでなら自分を成長させることが出来ると思い応募しました。

ー就職希望者へのメッセージをお願いします。

高度医療において放射線技術は不可欠で、診療放射線技師の活躍の場は多岐にわたります。 急性期病院は忙しく大変なこともありますが、豊富な症例を経験することで身につく知識や技術は、自分自身の大きな自信になりますよ。 スタッフみんなでサポートします!是非一緒に頑張りましょう。

一日の業務スケジュール

中央放射線部について

中央放射線部の特徴・取り組み

特徴

放射線を使ったさまざまな治療および検査を行います。高度な検査技術と専門知識を持ったスタッフが、患者さんに正確・迅速・適切な医療を提供できるよう、日々努力しています。

高度医療

CTやMRI、RI・PET/CT(核医学)、血管造影、リニアック・ガンマナイフ(放射線治療)など、最新式の大型機器を多数導入しています。最近では、装置の進歩によりCTの被ばく低減やMRI検査の高画質化が可能となり、核医学検査ではAIを用いたディープラーニングによる画像処理技術を用いた定量評価や治療効果判定などの支援を行っています。
また、3次元画像による手術支援など最先端の検査画像を臨床現場に提供しています。
診断のみならず治療においても、頭部血栓回収術やTAVI・左心耳閉鎖術などの構造的心疾患に対する最新のカテーテル治療のサポート、リニアック・ガンマナイフによる低侵襲かつ患者に優しい最新の放射線治療に積極的に取り組んでいます。

救急医療

通常業務に加え、救急業務にも昼夜を問わず積極的に取り組んでいます。一般撮影・CT・MRI・血管造影など多岐にわたって緊急検査の依頼に対応しています。

地域医療と予防医学

CT、MRIをはじめ、RI・PET/CT(核医学)、リニアック・ガンマナイフ(放射線治療)など大型機器を保有している地域の拠点病院として、その特色を活かし、地域の医療機関と連携を強化して患者さんに正確・迅速・適切な医療を提供できるよう、日々努力しています。
予防医療センターにスタッフを派遣し、予防医学にも積極的に取り組んでいます。胸部・大腸CTや頭部・心臓MRI、マンモグラフィ、胃バリウム検査、腹部エコーなど多くの検査を実施しています。
病院内外から非常に多くの画像診断の依頼を受け、実施しています。

研修・教育体制

中央放射線部では、通常の日勤検査のみならず救急業務にも対応できるようにカリキュラムを組んで新人教育を行っていきます。同時に社会人、医療人としてふさわしい心構えや振る舞いについて学んでいただきます。一般撮影業務および入職後に配属される専門業務(CT・MRI等)の研修を実施します。研修期間は2~3ヶ月です。

資格取得者数

JPTECプロバイダー 1 X線CT認定技師 10 胃がん検診専門技師 3
胃がんX線検診技術部門B資格 1 医学物理士 3 医療画像情報管理士 7
医療環境管理士 1 医療情報技師 2 衛生工学衛生管理者 1
核医学専門技師 2 救急撮影認定技師 3 検診マンモグラフィ撮影技術認定 10
作業環境測定士 1 磁気共鳴専門技術者 2 上級磁気共鳴専門技術者 1
第一種放射線取扱主任者 7 超音波検査士(消化器領域) 6 超音波検査士(体表領域) 1
超音波検査士(泌尿器領域) 4 肺がんCT検診認定技師 2 放射線管理士 10
放射線機器管理士 10 放射線治療専門放射線技師 3 放射線治療品質管理士 3
臨床実習指導教員 2 画像等手術支援認定診療放射線技師 2 血管撮影・インターベンション 専門診療放射線技師 2
Ai認定技師 1

※2020年8月1日現在

募集要項

2022年度の正職員募集は終了しました。募集の際はこちらに求人情報を掲載します。

書類提出先

〒861-4193 熊本市南区近見5丁目3-1
社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院 人事室

お問い合わせ先

  • 資料請求・お問い合わせ

Q&A

診療放射線技師についての質問

最初はどのような業務から従事しますか。
最初の3ヶ月は一般撮影業務と配属先の専門業務の研修を行います。一般撮影業務には、一般撮影全般、ポータブル撮影、骨塩定量撮影、手術室業務(透視・撮影)、マンモグラフィ(女性のみ)などが含まれます。専門業務では、CT、MRI、核医学、血管造影などに配属されます。
教育担当者は配置されますか。配置される場合、どのくらいの経験年数のスタッフがつきますか。
5~10年目のスタッフが教育担当として指導します。当院ではメンター制度を導入しており、教育担当は業務に関する技術的な指導のみならず、悩みや不安の相談役としてサポートを行います。
夜勤、日直などはいつ頃から始まりますか。
1年目の終わりに夜勤研修を行い、2年目になってから夜勤、日直が始まります。