教育・研修体制

基礎教育

少しでも早くチームの一員として配属部署の環境や業務に慣れることを配慮し、実地指導者や教育担当者を配置。
また、各部署単位のチーム支援型をとり、部署全体で新人看護職員の教育、指導を実施しています。様々な教育プログラムを行っており、技術的な内容だけでなく、安全管理などの管理的内容の研修も充実しています。

[新人看護職員の教育目標] 1.安全・安楽を与えた確実な看護実践が提供できるように、基本的看護の知識・技術・態度の習得ができる。 2.専門性、社会人としての責任と自覚を持ち、チームメンバーの一員として役割を発揮できる。

基礎教育プログラム年間スケジュール

BLS研修
救急看護認定看護師・ISLSインストラクターが中心となって実践的な指導を行っています。
リフレッシュ研修
阿蘇の研修施設での1泊研修。
みんなで学び認め合います。
シナリオ研修
設定の中で基本的な看護技術などを確認。新人同士で課題を見いだします。
リフレクション研修
新人同士1年を振り返り、次の新人を迎えるための心構えをグループワーク。

クリニカルシミュレーションルーム

各種シミュレータがあり、基礎技術研修やシナリオ研修などに利用できます。シミュレーション教育は、個人臨床能力の向上のみならず、医療安全の面からも非常に有用です。

キャリア開発

自律して学ぶための環境的支援。
済生会熊本病院でキャリアアップを目指す。

当院では、継続教育を連動した能力開発・評価システムとして、
クリニカル・ラダーを用いています。
その中で、個人が一人ひとりの能力、キャリアに応じ、
専門職として自己責任のもとに自律して学ぶことができます。

個人の目標達成に必要な看護実践能力の向上に取り組むことを、組織全体でサポートし、最終的には、特定の看護分野において専門性を追求する専門看護領域、ジェネラリスト、看護管理領域など、それぞれの分野へ進むことを目的としています。

臨床実践能力の項目と研修内容 組織目標と個人のニーズに合わせたキャリア開発を目的に、研修内容を選択します。

[看護実践能力] 項目:看護過程の展開,コミュニケーション,実践,評価,看護倫理 / 研修内容:看護記録,フィジカルアセスメント,リフレクション,コーチング研修など

[教育] 項目:自己教育,研究的思考 / 研修内容:症例発表,看護研究発表,学会発表など

[組織的役割遂行能力] 項目:役割,安全,経済性,社会的規律 / 研修内容:医療安全,感染予防,災害訓練,接遇,リーダーシップなど

認定看護師の活動

先輩達も新人の成長と自らの関わりを振り返ります。

リフレクション研修(教育担当者)

連携施設への研修を通し、活動の場を広げています。

コーチング研修

専門の院外講師による学びを、 教育に活用します。

DMAT派遣

チームの一員として災害地での活動を行います。