様々な場で活躍する看護師

高度で専門的な医療への取り組みが多い済生会熊本病院では、様々な場で活躍する機会を得ることができます。
専門分野も多くキャリアアップにも取り組める環境があります。

専門分野で活躍する看護師

  • 高度医療(ダヴィンチ)
  • 高度医療(ハイブリッド)
  • 救急医療
  • がん看護
  • 退院支援
  • 予防医療

専門・認定看護師の紹介

当院では、多くの認定看護師が活躍しています。
高度化・専門分化が進む医療現場において、看護師に求められる役割も変わりつつあります。
看護師としてのキャリアアップのかたちとして認定看護師として専門性の高い看護師を目指すことも可能です。

  • 集中ケア認定看護師
  • 救急看護認定看護師
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師
  • 摂食・嚥下障害看護認定看護師

集中ケア認定看護師

集中治療室 兼 救命救急ICU 副看護師長 坂本 美賀子

集中的なケアが必要な患者さんとその家族に対し、病態変化を予測し重篤化を回避するための援助を多職種と連携を図りながら実践しています。治療方針などの医師からの説明時には同席し、患者さんとその家族が安心・納得して治療を受けることができるように支援しています。また、人工呼吸器装着中の看護、心電図の見方、急変時の対応など、実践に活かせるような教育に取り組み、安全で質の高い看護の提供を目指しています。

救急看護認定看護師

救命救急外来 係長 井浦 弥生

私は、約10年救急看護に関わり、現在、救急外来とハイケアユニットに勤務しています。看護をしていく中で辛い事もありますが、患者状態が日々改善する事に喜びを感じます。その様な中、"患者に根拠に基づいたよりよい救急看護を実践したい"と考えている時、救急看護の研修を受講する機会を得ました。救急看護は、あらゆる年代を対象とし、時と場所を選ばず発症した患者とその家族を対象とします。少ない情報の中で、迅速に患者をアセスメントし根拠に基づいた看護を実践していく必要があります。そして、他職種と連携しチーム医療を行いながら、患者・家族にとって安全で質の高い根拠に基づいた看護が実践できるよう努めています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

看護管理室 主任 山形 朝子

皮膚・排泄認定看護師とは、創傷、褥瘡、人工肛門、排泄などに関するケアを行う看護師です。スキンケアに関するケアの質向上のために勉強会を開催しています。また、褥瘡や高齢者の脆弱な皮膚に起こるトラブル、皮膚損傷の評価を行い、適切なケアの提供ができるように援助しています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

脳卒中センター 係長 山川 美樹

摂食・嚥下障害は脳疾患を発症した患者さんだけでなく、高齢者や長期欠食による廃用性症候群、気管切開や胃管などのチューブ刺激などからも生じます。現在、私は脳卒中センターに所属し、脳疾患の患者さんを中心に、食べる機能の評価や、安全に食べるための食事形態の選択や嚥下訓練を行っています。食べる障害がある患者さんに、安全に味わう喜びを提供し回復への手助けができるよう援助していきたいと思っています。

脳卒中センター 係長 山川 美樹

摂食・嚥下障害は脳疾患を発症した患者さんだけでなく、高齢者や長期欠食による廃用性症候群、気管切開や胃管などのチューブ刺激などからも生じます。現在、私は脳卒中センターに所属し、脳疾患の患者さんを中心に、食べる機能の評価や、安全に食べるための食事形態の選択や嚥下訓練を行っています。食べる障害がある患者さんに、安全に味わう喜びを提供し回復への手助けができるよう援助していきたいと思っています。

  • 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
  • 緩和ケア認定看護師
  • 感染管理認定看護師
  • 手術看護認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

救命救急HCU(EHCU) 主任 荒木 裕子

脳卒中の患者は、意識障害等により自分の意思を伝える事ができない方や、突然発症し今後に大きな不安を抱える方が多い為、看護師の気付きが大切です。私は急性期から患者さんや家族の思いを受け止め不安を軽減し、目標を共有した個別的な看護を実践する為に専門的知識を学びたいと考え、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を目指しました。
脳卒中急性期では画像や患者状態からアセスメントし、症状の安定を図るだけでなく、残存機能を高め生活の視点を含めた支援が必要と考えます。現在は多職種と共にチーム医療を行いながら、生活の再構築を目指し、患者さんや家族の思いに寄り添った支援をしたいと努力しています。

緩和ケア認定看護師

腎・泌尿器センター 副看護師長 坂口 清美

私は、病棟勤務でがん患者の看護を経験し、現在は外来がん治療センターで勤務しています。集学的治療が行われる中、根拠あるがん看護を学び、患者・家族に寄り添い、支えていきたいと考え、緩和ケア認定看護師を目指しました。
実践では、症状緩和における看護だけでなく、相談支援として患者およびご家族の思いが引き出せ、感情の揺れに寄り添いながら、答えが見いだせるような関わりを目標としています。 緩和ケアチームの一員として、また、がん看護リンクナースや多職種と連携し共に考えながら、診断から治療、終末期における患者・家族の希望を支え、QOLを高める看護の提供を目指し実践に取り組んでいます。

感染管理認定看護師

TQM部(感染管理室) 主任 甲斐 美里

私は看護部感染委員会に約6年間所属し、リンクナースとして自部署の感染対策の推進活動やサーベイランスなどに取り組んできました。その活動をとおし、現場における感染対策の重要性を感じたため、感染管理の知識や技術を深める目的で感染管理認定看護師の研修を受けさせていただきました。
現在は感染管理担当としてTQM部に所属し、組織横断的に活動するとともに、感染対策チームの一員として、感染回診の実施や感染対策の推進活動、サーベイランス、感染管理教育などを実践しており、院内の感染率の低減を目指して活動しています。

手術管理看護師

中央手術部 田口 知世

手術看護認定看護師の役割は、手術侵襲を最小限に、二次的合併症を予防するために周術期の安全管理と継続看護を実践します。手術を受ける患者さんは様々な不安を抱えていらっしゃいますが、術前・術後訪問による根拠に基づいた説明やケアを実践し、病棟との連携を強化することで、患者さんと家族が安心して手術を受けることができるよう環境を整えていきたいと考えています。

認定看護師、認定看護師以外の有資格者数(2012年認定・資格取得者数)

専門・認定看護師 認定看護師以外
専門看護師(急性・重症患者看護) 1 ICLSインストラクター
40
認定看護管理者
3 呼吸療法認定士
22
認定看護師(がん化学療法看護)
2 糖尿病療養指導士 5
認定看護師(がん性疼痛看護)
1 心臓リハビリ指導士 6
認定看護師(感染管理)
2 自己血輸血看護師 2
認定看護師(緩和ケア)
2 消化器内視鏡技師 14
認定看護師(救急看護)
2 ケアマネージャー 8
認定看護師(集中ケア)
3 IVR看護師 2
認定看護師(摂食・嚥下障害看護)
1    
認定看護師(脳卒中リハビリテーション看護)
1    
認定看護師(皮膚・排泄ケア) 2    
認定看護師(慢性心不全看護) 2    

「認定看護師への道」慢性心不全看護認定看護師 心臓血管センター東館 福田光希子

私は2012年慢性心不全看護の認定看護師としての認定を受けました。
心臓血管センターで循環器疾患の患者さんのケアに携わり、心臓リハビリテーション指導士を取得し、心疾患の再発予防のための集団教室や個別指導に取り組んでいました。

その中で、セルフケアが出来ずに心不全増悪で再入院する患者さんに何度も直面する度に、自分の行った退院支援が適切であったか疑問を感じ考えさられることがありました。
そのような折りに所属の看護師長より循環器領域に初めて慢性心不全看護認定看護師が育成されることを聞き興味を持ちました。教育課程の説明会に参加し、もっと専門的な知識や技術を習得し、看護の専門性を発揮できるようになりたいと思い、師長に相談したところ私のキャリアアップに背中を押していただき、決心しました。

看護部長との面接やキャリアアップへのサポート体制について説明を受け、先輩の認定看護師から情報収集をしたりすることで、私の漠然とした思いは確実な意欲につながり受験に臨むことが出来ました。また研修中は看護部からの励ましやスタッフからのメールにうれしくもあり、責任の重さも感じ、神戸での7か月間の研修生活の励みになりました。

現在、学んできた知識と今までの経験を生かし再発を繰り返している心不全患者の個別指導に力を注ぎ、多職種と共働し、チームの一員として役割を果たしていきたいとがんばっているところです。
また、患者のQOLを高め再発予防のためには病院内だけではなく地域連携も重要であり今後の課題として取り組んでいきたいと思っています。

看護師の活動

リンクナース

医療施設のなかで、専門チームや委員会(感染制御チーム、褥瘡対策チームなど)と病棟看護師をつなぐ(リンクさせる)役割を持つ看護師です。
感染対策を担当する感染リンクナースや、褥瘡対策を担当する褥瘡リンクナースなどがあります。
感染や褥瘡は日常的に対策を行う必要があり、その徹底のためには継続的な教育・指導が欠かせません。
そのため、現場の看護師がリンクナースとなってスタッフの指導にあたり、周知と理解を高めることを目的に活動しています。

災害支援ナース

災害支援ナースとは、日本看護協会の各県支部で災害発生時に対応が可能な看護師として登録された看護師です。
活動としては、災害発生時に、派遣要請を受け、病院・職場の承諾支援の基に現地に向かい支援活動を行ないます。当院では、現在3名が登録しています。