新人ナースの1日

  • 澤田夕貴さん(整形病棟)の1日
  • PNSとは?~新人看護師の感想~

整形病棟 看護師 澤田 夕貴

一日のスケジュール

済生会熊本病院に就職したきっかけを教えてください。

私は学生時代を県外で過ごし地元での就職を希望していました。その中で先輩方の経験談や済生会病院の理念や新人教育体制に魅力を感じ、熊本に戻ったらここで働きたいと思っていました。また、私は急性期の看護にとても興味を持ち短い入院期間の中で患者の立場になって物事を考え、寄り添った看護を提供したい思いで入職を希望しました。

仕事のやりがいや喜びを感じるのはどんな時ですか?

毎日、先輩から指導をいただきながら病棟でのケアに少しずつですが、自分もスタッフの一員として参加できるようになったと思います。以前患者さんが退院後の生活に不安を抱えておられることがわかり、リハビリスタッフと連携をとり退院までにその不安が解消できるように取り組みました。
患者さんが安堵されたことや笑顔で感謝の言葉をかけていただいた時に喜びを感じました。それと同時に、入院中に患者さんの不安を聞くことは退院に向けた支援に繋がり、アセスメントすることの大切さを学ぶことができました。看護技術や考え方など先輩にアドバイスをもらいながら自分なりに実践できるようになってきたことに喜びを感じています。

目指す看護師像を教えてください。

急性期病院の看護師として今何が必要か判断し、チームの一員としての自覚と責任を持ち、入院前のADLや退院後の生活を踏まえて、患者さんが安心して療養生活が送れるよう入院中からアセスメントしケア介入に繋げることができる看護師になることが目標です。

就職希望者へのメッセージをお願いします。

看護師になったら受け持ち患者も多くなり、看護技術がうまく実践できるか等不安を抱いている方も多くいると思います。私自身も入職当初はとても不安でいっぱいでした。しかし、必要な基本的姿勢や知識、臨床実践能力評価表を用いた技術チェックがあり、さらに部署特有の技術を学ぶことができる新人教育体制があり日々成長することができます。プリセプター制度もあり、先輩に相談しながら働くことで自分に足りないことなど明確にできて、自分のペースで責任を持ち働くことができると思います。

先輩ナースの声

私も、Eナースとしてはまだ未熟ですが、新人看護師や看護学生が「なぜだろう。どうしてだろう。」と自ら疑問を持つことができるような関わりや質問の仕方を心がけ、できるだけ根拠を持ってわかりやすく説明をすることを心がけています。

また、教育の中での気づきをチームカンファレンスへ取り込み、看護ケアの実践へつなげています。まずは患者さんのベッドサイドへ出向き一緒に患者さんへケアや声かけを行うことを大切にしています。

四肢外傷センターでは、大腿骨骨折や事故による外傷など緊急入院が多く、年間約1400件の手術が行われています。急性期の看護、周術期の看護を行う中で、展開が早く約11日の入院期間の中で患者さんの立場に立ち、安全・安楽に入院生活が送れるよう多職種と共同しカンファレンスを開催し看護ケアへつなげるよう心がけています。

林田尚子 Eナース

急性期病院は、「大変そう、忙しい」というイメージがあるかもしれませんが安心して下さい。私も期待と不安の中で、入職時は何もわからない状態からスタートしました。1つ1つ先輩や他スタッフへ相談し、一緒に悩み、患者さんとの関わりを通して看護について日々学んでいます。教育体制や現場での指導体制が整っており、安心して成長が実感でき、やりがいにつながると思います。

E-Nurseとは

Eーナース(Education Nurse)は、新人看護職員の教育・指導・支援を行う指導専従看護師です。日々の看護実践の中で新人看護職員の基本的看護技術を安全・確実・効率的に指導する役割になります。特に、夜勤導入までに必要な基本的看護技術の習得をサポートします。他に役割として臨地実習学生、院外研修生への技術指導も行っている、ベテラン看護師です。みなさんが安心して一緒に働けるよう日頃の悩みのサポートも行っていきます。
Eーナースに何でも相談してください。

働きやすい職場環境づくり&OJTの充実に向けて~

当院では、全病棟でPNS(Partnership Nursing System)に取り組んでいます。

PNS(Partnership Nursing System)とは、看護師2人がペアとなり、患者さんを担当する看護体制です。 新人看護師にとっては、先輩看護師と一緒に患者さんへの対応やケアを行う安心感と患者状態の観察ポイントを見て学ぶ機会となります。高度急性期病院ではフィジカルアセスメントと専門性の高い看護技術を求められることを背景に、経験の浅い看護師の不安を軽減し、教育的に関わる事ができる看護体制です。先輩看護師がどのような姿勢で患者さんに関わっているのか、どのようなケアを実践しているのか、お互いに話合いながら計画的にケアを行っていきます。先輩看護師とのコミュニケーションが円滑となり、話しやすい環境で実際の看護技術を一緒に行うことで確実にスキルを磨いていくことができます。 インシデントの防止にもつながっています。

PNSを体験した新人看護師の感想

  • ・入職当時、病室へ訪室時、緊張もあり患者さんのベッドサイドでどのようにすればいいのか不安でしたが、実際に先輩看護師の患者さんへの言葉がけや検温の仕方を見て、安心することができました。

  • ・手術後の患者さんの状態確認を先輩看護師と行うことで、観察の視点、術後の確認事項を一緒に実践することができました。

  • ・初めてケアするとき、先輩看護師が見守ってくれるなか、アドバイスをその場でもらえてうれしかったです。次からは自信を持って一人でもできそうです。

  • ・2人で観察することで、自分では気づけない点を観察できました。先輩看護師にタイムリーに相談できるので、その場で患者さんに説明、対応ができました。
  • ・パートナーがいる事で、先輩看護師に話しかけやすく、心細さが少なかったです。
  • ・先輩看護師が見守るなか、患者さんやご家族に退院指導を行うことができ、感謝されました。看護が楽しくなりました。

PNSは、患者さんにとっても看護師が2名でケアにあたるので、対応が早く、安心できる 頼れるというご意見をいただいております。