診療放射線技師

コメディカル採用INDEXへ戻る

診療放射線技師 德永 真彦

同世代のスタッフが多く、仕事のしやすい職場です。

ー職場の雰囲気はどうですか?

同世代のスタッフが多く、仕事のしやすい職場です。週末は飲みに行ったりゴルフにいったりしています。また、学会活動を積極的に行っている先輩方がいるため、研究発表等も行いやすい職場だと思います。

新たな取り組みを始めるとき、やりがいを感じます。

ー仕事のやりがい、喜びは何ですか?

新しい装置が導入されたときや新たな取り組みを始めるとき、忙しいと感じるときもありますが、それをやりがいに感じ業務に取り組んでいます。

最新の装置が導入されていることを知り、この職場で働きたいと思いました。

ー当院に就職したきっかけを教えてください。

私は、就職してから診療放射線技師としてさまざまな業務を行ってみたいと思っていました。学生時代、済生会熊本病院に見学にくる機会があり、その際、最新の画像診断装置(CT、MRI、RI、PETなど)や放射線治療装置が導入されているのを知り、この職場で働きたいと思いました。

とてもやりがいのある職場です!

ー就職希望者へのメッセージをお願いします。

働きやすく、とてもやりがいのある職場です!ぜひ一緒に働きましょう!

一日の業務スケジュール

診療放射線技師 黒田 晴美

人数の多い部署ですがスタッフ間の雰囲気はいいです。

ー職場の雰囲気はどうですか?

 人数の多い職場ですが、一般撮影など共通で働くモダリティもあるためスタッフ間のコミニケーションはとりやすく雰囲気はいいです。スタッフ各々が専門意識を持ち、CT・MRI・MMGなど様々な認定資格を取得したり、学会発表や参加を行っています。 また、同世代もたくさんいるので飲みに行ったり、気分転換をする機会も作りやすいです。

経験や知識を実際に活かすことができたとき、やりがいを感じます。

ー仕事のやりがい、喜びは何ですか?

放射線技師は短時間ではありますが、患者さんや健診では受診者の方と接する機会があります。その短時間の検査の中でも、以前より検査がきつくなかった。説明がわかりやすかった。と言っていただけると嬉しいです。 また、装置や疾患のことなどたくさんのことが学べるので、自分が経験したことや知識を実際に活かすことができると自分の仕事に自信が持てやりがいを感じることができます。

最新の医療機器やスタッフの高い技術が魅力です。

ー当院に就職したきっかけを教えてください。

10年くらい前ですが、2年ほど他の病院で働いていました。その頃、済生会熊本病院には技術研修に来ていて、自分より若手の技師が1人で救急患者を対応(撮影)する姿をみて、うらやましく思ったことを今でも覚えています。最先端の医療機器が充実しているのはもちろんですが、それを扱う技師の知識や技術が高いと思ったのも当院を志望した理由です。

専門職としてのプロ意識。期待を裏切らない病院です。

ー就職希望者へのメッセージをお願いします。

仕事の内容的には一日を通して忙しい事が多いですが、最新の設備が整っていてスタッフ も充実しているため非常に恵まれた環境だと思います。 わからないことはたくさんの熱いスタッフがサポートします。是非一緒に頑張りましょう。

一日の業務スケジュール

中央放射線部について

中央放射線部の特徴・取り組み

特徴

放射線を使ったさまざまな治療および検査を行います。高度な検査技術と専門知識を持ったスタッフが、患者さんに正確・迅速・適切な医療を提供できるよう、日々努力しています。

高度医療

CTやMRI・RI(核医学)・血管造影・US(超音波)・トモセラピー(放射線治療)など、最新式の大型装置を多数導入しています。病院内外から非常に多くの画像診断の依頼を受け、実施しています。

救急医療

通常業務に加え、救急業務にも昼夜を問わず積極的に取り組んでいます。一般撮影・CT・血管造影業務や、MRI・RI(核医学)業務においても緊急検査依頼に対応しています。

地域医療と予防医学

予防医療センターにスタッフを派遣し、胃部・胸部および腹部超音波の検査業務を担当しています。予防医学にも積極的に取り組んでいます。

研修・教育体制

中央放射線部では、一部のスタッフや教育担当者だけで行うのではなく、担当するスタッフ全員で新人教育を行っていきます。まずは、一般撮影業務の研修から開始し、その後に配属される専門業務(CT・MRI等)の研修が開始されます。研修期間は2~3ヶ月です。

資格取得者数

検診マンモグラフィ撮影技術認定 10 X線CT認定技師 11 上級磁気共鳴専門技術者 1
磁気共鳴専門技術者 2 核医学専門技師 2 核医学専門技術者 1
放射線治療専門放射線技師 3 放射線治療品質管理士 2 超音波検査士(体表領域) 1
超音波検査士(腹部領域) 7 超音波検査士(泌尿器領域) 3 核医学専門認定技師 2
血管撮影・インターベンション 専門診療放射線技師 1 胃がんX線検診技術部門B資格 2 胃がんX線検診読影部門B資格 2
胃がん検診専門技師 2 肺がんCT検診認定技師 3 第一種放射線取扱主任者 9
放射線管理士 11 放射線機器管理士 8 医用画像情報精度管理士 8
医療情報技師 2 Ai認定技師 1 救急撮影認定技師 1
JPTECプロバイダー 1 医療環境管理士 1 臨床実習指導教員 1
衛生工学衛生管理者 1 作業環境測定士 1

※2017年7月現在

募集要項

2018年度 診療放射線技師(正職員)募集

採用条件

雇用形態 正職員 ※試用期間あり
募集人数 若干名
応募資格 2018年4月に診療放射線技師免許取得見込の方
または、既に診療放射線技師免許取得している30歳未満の方
採用予定日 2018年4月1日

応募・選考方法

選考日 一次試験 9/1(金) 専門試験、総合適性検査 
二次試験 9/11(月) 面接試験
三次試験 9/22(金) 面接試験
応募書類
  1. エントリーシート(当院ホームページよりダウンロード) 
    ダウンロード(PDF)

    ※当院指定用紙を上記よりダウンロード後、A3サイズに出力の上、記載ください。

  2. 卒業見込証明書(既卒者は卒業証明書)
  3. 成績証明書

     

応募締切 8/23(水)17:00必着 書類選考あり 
エントリーシートは添付ファイルをご利用ください。
応募方法

応募書類を提出

待遇

勤務地 済生会熊本病院(熊本市南区)
給与 ■基本給

専門学校卒/180,000円、大学卒/185,700円、大学院卒/194,100円
※高度専門士は大学卒同等とみなします。
※既卒者は実務経験を考慮して設定します。

【モデル給与】
(例)大学卒、家賃6万円のアパート、自家用車通勤(6㎞)、宿直・日直各1回/月
支給額(月)=基本給+住居手当+通勤手当+宿直・日直手当
=185,700+26,000+5,900+26,100=243,700円
支給額(年)=約4,280,000円 ※賞与含む

■主な手当:

住居手当 規定により26,000円まで支給
扶養手当、通勤手当、時間外勤務手当、宿直・日直手当 など
 

賞与

年2回、病院業績により年度末賞与あり

昇給 年1回
勤務時間 8:30-17:00(実働7.5時間、休憩60分)
早出・遅出あり、宿直・日直あり
休日 週休2日制、年末年始
有給休暇 初年度10日(3カ月勤務超過後)、最高20日
休暇制度 慶弔休暇、産前・産後休業、育児休業、介護休業、子の看護休暇、介護休暇
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生その他

済生会グループ保険、職員家族健康診断、ユニフォーム貸与(対象者のみ)、仮眠室、職員互助会、職員食堂、レストラン、院内保育園、自己啓発支援(通信教育、英会話教室)、各種リゾートクラブ契約、メディカルフィットネスセンターなど。
学会・セミナー等の出張費は規定により支給有り
福利厚生の詳細はこちら
保育園詳細はこちら

2017年度 診療放射線技師(契約職員)募集

採用条件

採用日 随時
雇用形態 契約職員(試用期間あり)
募集人数 1名
応募資格 ・既に診療放射線技師免許を取得している方
業務内容 中央放射線部における一般撮影業務

応募書類

選考日・会場

書類選考後、日時をご連絡いたします。

試験内容 面接試験(個別)
応募書類 履歴書(様式自由、顔写真付)

待遇

勤務地 済生会熊本病院 中央放射線部
給与

時給 1,101円

勤務時間 08:30~17:00(実働7.5時間、休憩1.0時間)
採用期間 随時~2018年2月28日 ※更新なし
休日 土・日・祝日、年末年始
有給休暇 10日間(3カ月勤務経過後)
休暇制度 慶弔休暇、出産・育児休業、介護休業、看護休暇、介護休暇、連続休暇制度
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生
その他

済生会グループ保険、職員家族健康診断、ユニフォーム貸与(対象者のみ)、仮眠室、職員互助会、職員食堂、レストラン、院内保育園、自己啓発支援(通信教育、英会話教室)、各種リゾートクラブ契約、メディカルフィットネスセンターなど。
学会・セミナー等の出張費は規定により支給有り
福利厚生の詳細はこちら
保育園詳細はこちら

書類提出先

〒861-4193 熊本市南区近見5丁目3-1
社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院 人事室

お問い合わせ先

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 見学希望の方へ

Q&A

診療放射線技師についての質問

最初はどのような業務から従事しますか。
最初の3ヶ月程は一般撮影業務の研修を行います。一般撮影業務には、一般撮影全般、ポータブル撮影、骨塩定量撮影、手術室業務(透視・撮影)、マンモグラフィ(女性のみ)などが含まれます。
教育担当者は配置されますか。配置される場合、どのくらいの経験年数のスタッフがつきますか。
5~10年目のスタッフが教育担当として指導します。
宿日直などはいつ頃から始まりますか。
1年目の終わりに当直研修を行い、2年目になってから当日直が始まります。