管理栄養士

コメディカル採用INDEXへ戻る

管理栄養士 中村 唯

困ったことや難しい症例など、すぐ皆に相談できる職場です。

ー職場の雰囲気はどうですか?

現在、栄養部は、臨床栄養室と給食管理室にわかれており、私の所属する臨床栄養室は、部長、糖尿病内科医師2名、病院管理栄養士12名、栄養事務3名で構成されています。先輩後輩関わらず皆仲が良く、明るい雰囲気です。仕事上で困ったことや難しい症例があった場合は、すぐに先輩や先生等に相談できる環境でもあるため、知識の向上にもつながり、働きやすい職場です。

患者さんの状態が少しずつ改善していく姿に喜びを感じます。

ー仕事のやりがい、喜びは何ですか?

現在、私は集中治療室に入院している患者さんの栄養管理のサポートを行っています。重症な患者が多く、コミュニケーションがとれない方も多いため、不安や責任も大きいですが、その反面、徐々に元気になる患者さんの姿や、笑顔が見られることに喜びを感じます。 初めは意識がなく経腸栄養管理の患者さんが、段階的に経口摂取へ移行できた時、自己摂取や完食できた時、「美味しかったありがとう」との言葉が聞けた時、心から嬉しく思います。経口摂取できる患者さんは栄養含め全身状態の改善が速く、口から食べる事の素晴らしさも身にしみて実感しています。また、チーム医療の一員として、下痢や低栄養、創傷などの問題点に介入できる事や、新たな取り組みを提案しチャレンジできる環境にもやりがいを感じています。

薬ではなく栄養素の力で病気を治せたら・・・という思いで病院の管理栄養士を目指しました

ー当院に就職したきっかけを教えてください。

学生時代、食べることが好きで、薬ではなく栄養素の力で病気を治せたら・・・という思いで病院の管理栄養士を目指しました。一度は、仕事の大変さを知り諦めかけたこともありましたが、当院が管理栄養士もチーム医療の一員として重要な役割を担いチーム医療で活躍しているところや、重症な症例や最新の医療を学べるところに魅力を感じ、自分の可能性にチャレンジし、プロとしての経験を積みたいと思い当院を選びました。

チーム医療の一員として一緒に頑張りましょう。

ー就職希望者へのメッセージをお願いします。

栄養管理は治療の基礎であり、年々その重要性の認識も高まってきています。現在、私たち管理栄養士は、タイムリーに適切な栄養サポートを行うため病棟常駐を目指して取り組み、栄養管理する上で必須となる病態理解を深めるため勉強会などに参加し皆で成長できるように頑張っています。患者さんのために栄養サポートを行いたい熱意や積極性がある方、私たちと一緒に頑張ってみませんか。

一日の業務スケジュール

山室

皆とても仲が良く明るく職場の雰囲気はとても良いです

ー職場の雰囲気はどうですか?

 現在、男性管理栄養士は私しかいませんが、皆とても仲が良く明るく職場の雰囲気はとても良いです。患者さんのことを一番に考え、行動するという共通認識があるからだと思います。 新しい職場環境に慣れることも重要で、入職してすぐ新入職員の歓迎会があり上司や先輩方と業務以外でも交流する機会があります。 新入職員の研修は、進捗状況に応じて進みます。不明な点があれば先輩方がわかるまで教えてくれるため、1つ1つ確実に業務を覚えていくことができます。また、院内外での様々な勉強会に積極的に参加することで多くの情報を得ることができます。そして、患者さんが1日でも早く回復できるよう栄養の面からサポートを実施しています。

口から食事を食べられるようになられた時がとても嬉しい瞬間です。

ー仕事のやりがい、喜びは何ですか?

患者さんの笑顔を見た時が嬉しい瞬間です。入院しストレスを感じている患者さんにとって食事は楽しみの1つであると思います。また、急性期病院では経腸栄養や静脈栄養で経口以外のルートでエネルギーを確保される方もいらっしゃいます。その方々が、口から食事を食べられるようになられた時がとても嬉しい瞬間です。  やりがいは栄養面から患者さんをサポートできること。たとえば、入院時に患者さんの栄養状態を栄養管理計画書によって評価します。様々な疾患で入院される患者さんの中からNST対象となる方、低栄養のリスクがある方などを判断します。管理栄養士が早期に介入することで、症状が悪化することを未然に防ぐことができます。また、実際に患者さんに栄養指導を行うことでQOLの向上、再発予防等に関われることもやりがいの1つです。

西日本で初めてJCIを取得し、安全面に関しても患者さんを一番に考え新しいことに挑戦している点が魅力

ー当院に就職したきっかけを教えてください。

熊本で育ち多くの方々に助けられてきたことに感謝し、地元の方々に栄養面からのサポートを行いたい。恩返しがしたい。その想いから、多くの患者さんが来られる急性期病院である当院への就職を希望しました。 さらに、当院では従来の管理栄養士ではなかなかできなかった管理栄養士が病棟に常駐するという先進的な取り組みがあります。そこでは、管理栄養士が常に患者さんの側にいて摂食状況や身体状況などを確認・把握します。そして、経管栄養投与中や欠食中の患者さんにも日々モニタリングを行い、先生方に食事の開始や変更の提案等を行います。また、西日本では初めてJCIを取得されており、安全面に関しても患者さんを一番に考え新しいことに挑戦している点も私が当院を希望した理由の1つでした。

これからは病棟常駐の管理栄養士として、他の職種と連携しチームで患者さんを栄養の面からサポートしていくことも望まれます

ー就職希望者へのメッセージをお願いします。

病院で管理栄養士は、患者さんを栄養の面からサポートすることができる仕事です。患者さんのことを一番に考えて行動することを常に心に止めておく必要があると思います。また、今後は病棟常駐の管理栄養士として患者さんに接することになり、臨床栄養の知識が必要になります。そのためには、今まで以上に勉強していくことが必要です。それと同時に病棟に常駐するということはチームとしての自覚を持つことも大切です。管理栄養士は女性が多い職場で、男性の管理栄養士はとても少ない現状です。しかし、患者さんのことを思う気持ちがあれば大丈夫です。男性の方も一緒に頑張りましょう。

一日の業務スケジュール

栄養部について

栄養部の特徴・取り組み

栄養部長(医師)以下、管理栄養士8名、栄養事務2名の病院職員と、給食委託職員45名の総勢56名で食事提供と各疾患に合わせた栄養管理を行っています。病院管理栄養士は、給食管理業務と栄養管理業務を行っています。食事提供は外部委託となっており、献立や調理、衛生管理について委託業者へ指導を行い、栄養基準の設定、嗜好調査等を行っています。栄養管理業務においては、入院・外来個人栄養指導、集団栄養指導(糖尿病、心臓病、腎臓病教室)、指導資料の作成、NST回診、食欲低下の患者さんへのベッドサイド訪問を行っています。その他チーム医療として、創傷委員会、感染管理委員会等に参加し活動しています。各科担当栄養士を決め活動しており、入院患者全員に栄養管理計画を立案し、患者さんの状態に応じた栄養管理を他職種協働で取り組んでいます。今後は、給食管理業務すべてを外部業者へ委託し、タイムリーに栄養サポートが実践出来るよう、病院管理栄養士の病棟常駐を計画しています。 他にも、以下のような活動を積極的に行っています。

・栄養指導に使用する媒体の作成
疾患ごとのパンフレットは、患者さんに解り易く興味を引く内容で、的確に要点を抑えているかが重要です。作成するには多くの書籍を読み、理解し、自分の言葉で表現しなければならないため、栄養士の指導レベル向上にパンフレットを改訂しています。

・各種研修会や学会へ積極的に参加
熊本県栄養士会会員登録後は、主催される勉強会や講演会、また年1回は学会等に参加して知識を積み重ねる努力をしています。

研修・教育体制

入職後から以下のようなスケジュールで新人教育を進めています。

5月
  • ・糖尿病教育入院集団栄養指導の見学、調理実習補助
  • ・個人栄養指導の見学
  • ・糖尿病教育入院個人指導の実施(食生活の聞き取り)
  • ・栄養管理計画書作成(指導のもと)
  • ・病棟・NST回診の見学
  • ・ベッド訪問の見学、実施(病棟スタッフ間のコミュニケーション)
6月
  • ・献立作成シミュレーション(食品構成の理解)
  • ・糖尿病教育入院集団栄養指導の配布資料の作成・準備、講義実施
  • ・個人栄養指導の実施(内科系疾患)
  • ・疾患別栄養指導の資料作成
7月
  • ・心臓病教室の見学、実施
  • ・腎臓病教室の見学、調理実習補助
  • ・個人栄養指導の実施(外科系疾患)
  • ・外来個人栄養指導の見学、実施
8月以降~
  • ・担当フロアーにてNST活動(指導のもと)
※進捗状況に合わせ、教育計画を立てる

資格取得者数

NST専門療法士 3 TNT-D認定管理栄養士 1
病態栄養認定管理栄養士 3 糖尿病療養指導士 4
がん専門管理栄養士 1  

※2017年6月末日現在

募集要項

2018年度 管理栄養士(正職員)募集

採用条件

雇用形態 正職員 ※試用期間あり
募集人数 若干名
応募資格 2018年5月に管理栄養士師免許取得見込の方
または、既に管理栄養士免許を取得している30歳未満の方
採用予定日 2018年4月1日

応募・選考方法

選考日 一次試験 9/4(月) 専門試験、総合適性検査
二次試験 9/14(木) 面接試験
三次試験 9/26(火) 面接試験
応募書類
  1. エントリーシート(当院ホームページよりダウンロード) 
    ダウンロード(PDF)

    ※当院指定用紙を上記よりダウンロード後、A3サイズに出力の上、記載ください。

  2. 卒業見込証明書(既卒者は卒業証明書)
  3. 成績証明書

     

応募締切 8/23(水)17:00必着 書類選考あり 
エントリーシートは添付ファイルをご利用ください。
応募方法

応募書類を提出

待遇

勤務地 済生会熊本病院(熊本市南区)
給与 ■基本給

専門学校卒/180,000円、大学卒/185,700円
※高度専門士は大学卒同等とみなします。
※既卒者は実務経験を考慮して設定します。

【モデル給与】
(例)大学卒、家賃6万円のアパート、自家用車通勤(6㎞)
支給額(月)=基本給+住居手当+通勤手当
=185,700+26,000+5,900=217,600円
支給額(年)=約3,960,000円 ※賞与含む

■主な手当:

住居手当 規定により26,000円まで支給
扶養手当、通勤手当、時間外勤務手当 など
 

賞与

年2回、病院業績により年度末賞与あり

昇給 年1回
勤務時間 7:30-16:00、8:00-16:30、8:30-17:00、10:30-19:00
(実働7.5時間、休憩60分)
休日 週休2日制、年末年始
有給休暇 初年度10日(3カ月勤務超過後)、最高20日
休暇制度 慶弔休暇、産前・産後休業、育児休業、介護休業、子の看護休暇、介護休暇
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生その他

済生会グループ保険、職員家族健康診断、ユニフォーム貸与(対象者のみ)、仮眠室、職員互助会、職員食堂、レストラン、院内保育園、自己啓発支援(通信教育、英会話教室)、各種リゾートクラブ契約、メディカルフィットネスセンターなど。
学会・セミナー等の出張費は規定により支給有り
福利厚生の詳細はこちら
保育園詳細はこちら

書類提出先

〒861-4193 熊本市南区近見5丁目3-1
社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院 人事室

お問い合わせ先

  • 資料請求・お問い合わせ

Q&A

管理栄養士についての質問

最初はどのような業務から従事しますか。
・1日の業務内容の把握(人員配置の理解、早出・遅出業務、電子カルテ入力業務の習得)
・給食管理全般(食数管理、食種別献立内容の把握、検食、衛生管理等)
・糖尿病教育入院 調理実習献立作成
教育担当者は配置されますか。配置される場合、どのくらいの経験年数のスタッフがつきますか。
経験年数5年目以上の管理栄養士が教育担当をします。
宿日直などはありますか。
日勤業務のみです。